Responsive image
  • 集まっている金額 54,000円
  • 残り期間 終了
  • サポーター 26人
14%

目標金額400,000円

募集終了日2017/11/22

 私たち高校二年生は、総合学習でSDGsについて学んできました。

SDGsとは…

地球環境と人々の暮らしを持続的なものとするため、すべての国連加盟国が、2030年までに取り組む17分野の目標のことです。

 

そこで、私たちが学んだことは、各目標を他人事にせず、一人一人がアクションを起こしていく必要があるということです。

海外へ卒業旅行に行く学校が多い中で、私たちの学校ではずっと日本国内の研修旅行にこだわってきています。それは、今私たちが暮らす日本国内で、まだまだ知らないことやできることが多くあることを学ぶためです。

私たちは「北陸」に行くことを選びました。

11月の研修旅行へ向かうにあたって、北陸について沢山調べる中で、北陸は失業率が低く、出生率が高い、保育所の定員数の多さなどから、在住者の幸福度が高く比較的住みやすい地域であるということを知りました。中でも福井県は、日本総合研究所が発表した「全47都道府県幸福度ランキング 2016年版」では仕事分野と教育分野で1位!生活分野で7位!

また、慶應義塾大学の小林良彰教授の書籍によれば、子どもの幸福度も全47都道府県で総合1位となっています!!

もちろん、富山県と石川県も上位にランクインしています!!

これはSDGsのゴール8「働きがいと経済成長」の実現に向けた大きなヒントとなることはもちろん、子育ての環境が良いということであれば、ゴール3、4、5とも深いかかわりがあると考えました。

また、原発を始めとするエネルギーについて深いかかわりのある地域でもあるため、エネルギーに対する「さまざまな想い」も学ぶことができる土地です。私たちも敦賀原発について実際に学習してきます。これはゴール7と関わります。

他にも、日本庭園で有名な兼六園、さらに伝統工芸品では36種類以上の品が北陸で作られています。中でも、昔は陶器としてよく輸出されていた「九谷焼」がよく作られている工芸品であり、実は北陸は伝統文化も溢れているのです!

 

・・・こんなに魅力あふれ、これから私たちが向き合うべき課題の解決へのヒントが溢れている北陸ですが、実際、私たちはこうして調べるまで、北陸のことを全然知りませんでした。

そして、こんなことを思うようになりました。

「これから社会に出て行く私たち世代に、北陸について学ぶ機会をつくりたい!」

 

そこで私たちは、中高生対象の北陸教育旅行を提案し、実現させるために今回のプロジェクトを立ち上げました!!

私たちが実際に学び、「これは同世代と共有したい!」と考えた内容満載の教育旅行をプロデュースしたいのです!!!

その旅行内容を提案するとともに、北陸の魅力を伝える「イベント」も11月18日(土)10時〜13時に実施します!!

また、10月31日(火)には北陸の郷土料理を湘南学園のカフェテリアで出食します^^*

このイベントの運営費と、北陸の魅力発信のためのオリジナルフォトブックやカレンダーの作成費用、教育旅行の実現のための費用が必要です。私たちの思いに賛同していただける方は、ぜひ寄付をしていただけないでしょうか。

高校生だからこそ考えられる「中高生に学んでもらいたいこと」をぜひ発信させてください!!

よろしくお願いします!!

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

先日行なわれた北陸コースの会議では、今回のプロジェクトに向けて活動していく中で、これまで学園祭、定期試験等があり、宣伝活動を十分に行なうことができなかったという意見が挙がりました。

また、現段階からでもまだ自分たちにできることがあるのではないかと考え、もう少し期間を延長して北陸コースの活動を伸ばしていこう!という結論に至りました。

期限を気にしてくださりサポートをして下さった皆様、大変申し訳ありませんでした。

研修旅行が近づいてきて、今の自分たちにできることを精一杯活動していきたいと考えています。

これからも応援よろしくお願い致します!!