Responsive image
  • 集まっている金額 164,500円
  • 残り期間 終了
  • サポーター 49人
55%

目標金額300,000円

募集終了日2017/11/16

神奈川県藤沢市にある湘南学園高校2年生が行く研修旅行『九州コース』の生徒たちで立ち上げたプロジェクトです。

 

私たちは、※SDGs(Sustainable Development Goals)について学び、持続可能な未来のために、“Think globally, act locally” つまり、地球規模の問題について考え、その解決のために身近なところからアクションを起こすことが大切なのではないかと考えました。

 

そこで、研修旅行で訪れる熊本・長崎を中心に、九州の魅力や課題を多くの人に知ってもらうため、“OUR” Projectという企画を立ち上げ、その実行資金をクラウドファンディングで集めることにしました。

 

 

 ※SDGsとは、地球環境と人々の暮らしを持続的なものとするため、すべての国連加盟国が、2030年までに取り組む17分野の目標のことです。

 

 

私たちがこのプロジェクトを通して実現したいのは、九州の『復興』と『活性化』です。

 

九州は自然の豊かさに恵まれる一方で、地震や噴火、集中豪雨など、多くの自然災害にも見舞われてきました。

 

過去5年間だけでも

2012年(平成24年) 7月 九州北部集中豪雨(福岡・佐賀・大分・熊本など)

2012年(平成24年) 9月 台風16号(長崎など)

2014年(平成26年) 7月 台風8号(宮崎)

2015年(平成27年) 7月 大分南部地震(大分・熊本など)

2015年(平成27年) 6月~7月 台風9号・11号・12号(熊本)

2016年(平成28年) 4月 熊本地震(熊本および九州全域)

2016年(平成28年) 9月 台風16号(宮崎・鹿児島など)

2016年(平成28年)10月 阿蘇山噴火による降灰(熊本・大分など)

2017年(平成29年) 7月 九州北部集中豪雨(福岡・大分など)

などのさまざまな自然災害が挙げられます。

 

でも!!

九州にはびっくりするほどの絶景や美味しい食べ物がたくさんあり、生物多様性を維持しつつも、自然の恩恵(生態系サービス)を受けながら、自然と共生する・・・まさに、地球全体が考えていかなくてはならない「持続可能な生活」が営まれている魅力的な地域がたくさんあります!

 

そこで!!!

私たちは、災害が多かったことで遠のいてしまった観光客を九州に取り戻したい!九州を応援したい!という気持ちから、このプロジェクトを立ち上げました。

 

私たちが訪れる場所を中心として、その土地の魅力を多くの人に発信していくことで、九州に観光客を呼び込み、九州全体の自然災害からの復興や活性化につなげたいと考えています。

 

今回、私たちが訪問するのは長崎県と熊本県です。

長崎県松浦市にある『青島』の民泊では、自然と共生しながら生きる人々の暮らしに触れ、持続可能な自然との暮らしを実体験してきます。

また、長崎県雲仙市では自然の恩恵を活かした温泉地や普賢岳の噴火をテーマとした災害記念館・土石流被災家屋保存公園を訪ね、自然の恵みと災害の脅威について学びたいと考えています。

 

熊本県では、震災の爪痕の残る熊本城周辺や火山噴火・震災・集中豪雨など多くの自然災害に接した阿蘇市を訪問します。地元の方々との交流から災害の現実と復興に向けた取り組みを目の当たりにすることで、それらを『他人事』ではなく、『自分事』として捉えることができる学びを目指します。

 

これらの活動を通じて、SDGsの「ゴール14:海の豊かさを守ろう」「ゴール15:陸の豊かさも守ろう」はもちろん、「ゴール3:すべての人に健康と福祉を」「ゴール11:住み続けられるまちづくりを」「ゴール8:はたらきがいも経済成長も」について考え、まずは身近な場所でアクションを起こすことができる人間に成長したいと思います。

 

このプロジェクトでは、九州に観光客を取り戻すため、現地の魅力を最大限伝えていくことに主眼を置き、活動をしていきます。

そして、九州の魅力を伝えることで、SDGsでも重要なテーマとなる自然との共生や持続可能な生活や社会に興味をもってくれる人が、一人でも多く増えるようにアクションを起こしていきたいと思います。

 

九州の活性化と復興支援のために、私たちにできることを考えたとき、メンバーそれぞれの得意分野を活かして、プロジェクトを展開したいと思うようになりました。

以前、本校生徒会が中心となって集めた寄付金を熊本の震災地へ届けた生徒を中心としたメンバーは復興支援のツアー企画を、動画撮影や動画編集が得意なメンバーはDVD作成を、絵やデザインのセンスをもつメンバーはゆるキャラ考案を、料理が得意で特産品にも詳しいメンバーはメニュー開発や特産品紹介を・・・

というように、みんなのアイデアが次々に湧いてきました。

 

そのため、提供していただいた資金については…

・九州の復興支援のための観光ツアーの企画

 (旅行会社にも協力依頼中です!)

に加えて、熊本・長崎のさらなる活性化を応援するために…

・魅力的なオススメスポットを撮影したDVDの作成

・ゆるキャラの考案とオリジナルグッズの作成、販売

・本校カフェテリアとコラボした郷土料理メニューの開発、販売

・オリジナルカレンダーの作成

・地元オススメの特産品の紹介、販売

                     などに使わせて頂きます。

 

また、プロジェクト終了後、集まった資金の残額やグッズ販売の収益金などは、災害の復興支援に使っていただけるよう寄付させていただきます。

 

寄付を募るチケットは、1000円から10万円までご用意しました。

 

寄付していただいた方には、資金提供の御礼として、私たちの活動報告やお礼のメール、11月18日(土)に本学園小学校ホールをメイン会場にして開催するプロジェクトイベント(10時~13時開催)の招待券をはじめ、本学園カフェテリアでの九州コース特別ランチのお食事券(10月30日限定)、オリジナルカレンダー、熊本・長崎の魅力をお伝えするDVD、ノベルティグッズや地元のおススメ特産品など、寄付していただいた金額に応じて贈らせていただきます。

 

 

九州の復興支援、そして活性化のために、是非このプロジェクトをシェア・拡散してください!

 

 

そして、多くの皆様にご賛同いただき、たくさんの資金提供をいただけますよう、よろしくお願い申し上げます!!

 

なお、企業&個人事業者さま向けのチケットも追加でご用意しました。 

ご協力いただいた企業&個人事業者さまは、活動報告やイベント企画など、このプロジェクトに関わる場面で、お名前をご紹介させていただきます。

九州の復興支援に関心のある事業者さまは、是非ご協力ください!よろしくお願い致します。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

活動していく中で、皆様からお預かりした資金を大切に使おうと、みんなで相談した結果、経費が削減できるものについては、見直しをはかりました。

レンタル予定だった機材を自分たちの持っているもので賄ったり、食材費用や輸送費用なども関係各所の御協力を多数いただき、予定額より大幅に削減することができました。

そこで、目標金額の再設定をさせていただきました。

また、夏休みや試験期間、学園祭、秋休みとなかなか広報活動ができなかったこともあり、自分たちの手でこのプロジェクトを広めていくために何ができるかを考えた結果、もう少し期間を延ばしてチャレンジしてみたい!ということになりました。

期間や目標額を気にしてサポートして下さった皆様、申し訳ありませんm(_ _)m

一人、また一人と支援してくださる方が増える度、感謝の気持ちでいっぱいです。

研修旅行がだんだんと近づいてきました。これからできること、すべきことをもっともっと考えて、チーム一丸となって行動していきたいと思います。

今後も応援、よろしくお願い致します!!