Responsive image
  • 集まっている金額 273,000円
  • 残り期間 終了
  • サポーター 50人
78%

目標金額350,000円

募集終了日2017/09/25

 昨年起きた熊本・大分地震では、最も大きい震度7を観測する地震が発生したほか、最大震度が6強と6弱の地震が計5回発生し、熊本県やその周辺の地域は大変な被害に見舞われました。一年を経た今もなお、被災地の中にはまだ崩れた部分をビニールシートで覆ったままの部分が多く残されていると聞きます。   
 けれどもその一方で、時が経つにつれ、遠くに暮らす私たちは、地震のことを少しずつ忘れ始めている…という事実もあるのではないでしょうか。


 そこで思いついたのが 「足湯企画」です。

 
 もともと、熊本県は日本でも指折りの温泉地です。環境省が発表した全国の源泉総数ランキングでは、熊本県が全国で5位なのです。その温泉を直接取り寄せ、学園祭において「足湯温泉」を実施できたら、湘南に住む多くの方々に熊本県で起きた地震についてもう一度考え直していただくことができ、またその場で熊本地震への募金も集めることもできるのではないか…と考えたわけです。すると、今までの

「被災地」=「熊本」というイメージから「温泉地」=「熊本」へ

というようにイメージが転換できるのではないかと考えました。熊本も湘南学園も互いに両得の関係になれる、どちらも笑顔になれる…そんな「足湯」がしたいと考えています。

 このことを、湘南学園総務委員会が熊本研修でお世話になった熊本県阿蘇市役所の宮岡さんにお伝えしたところ、
阿蘇市の内牧温泉からなら、温泉を無償で提供してくださるとのこと。内牧温泉協会の方は「そういった企画をやるのなら、ぜひ私どもの温泉を!」といってくださったそうです。私たちはここで、「必ず足湯温泉を実現しよう!」と心に決めました。お湯を提供してくださるのは実際にそのお湯を使用している“阿蘇プラザホテル”さんです!!

 

 

 しかし、温泉を熊本県から神奈川県まで輸送するにはとても費用がかかってしまいます。もともと50~60万円と運送会社の方に言われたのですが、あらめてこの企画の狙いを伝えたところ、運送会社の社長さんにとても共感していただき、輸送費を35万円にまで抑えることができました。このようにして色々な紆余曲折を経て、現在、湘南学園のクラウドファンディングサイトでご支援をお願いしている状況であります。


もしこの企画に賛同してくださったならば、ご寄付を、是非ともよろしくお願いいたします。
あなたのお力で、湘南と熊本が繋がり、被災地の方や学園祭にお越しの方々…みんなを笑顔にすることができるのです!!