the OAR for ALL  さあ、船を漕ぎ出そう。

サポーター(支援者)向け利用規約

港屋株式会社(以下「当社」といいます。)は、当社が運営するスカラシップヤード(以下「本サービス」といいます。)の会員による利用に関し、以下のとおりガイドライン(以下「本ガイドライン」といいます。)を定めます。

1. 定義

  1. 「支援する」とは、サポーターがプロジェクトにおいて一定の金銭を支払うことをいい、当該金銭を「寄付金」といいます。
  2. 「プロジェクトチーム」とは、プロジェクトを実行したり、本サービスを通じて、プロジェクトの支援者を募集したりする(または募集した)会員をいいます。
  3. 「プロジェクトオーナー」とは、プロジェクトチームを代表する個人のことをいいます。
  4. 「サポーター」とは、プロジェクトに共感し、支援の決定(プロジェクト実行者への寄付)を希望している会員のうち、プロジェクト支援についての支払いを完了した会員をいいます。
  5. 「プロジェクト」とは、会員により画策された企画(イベントの開催や作品の制作・提供をはじめとする様々な 企画)のうち、本サービスを通じて公開され、サポーターを募集しているものをいいます。
  6. 「ギフト(プロジェクトチームがこれを設定した場合に限る)」とは、サポーターの支援(寄付)に対して、プロジェクトチームが設定する、お礼の物品やサービスをいいます。またはプロジェクトの成果報告などをいいます。
  7. 「募集期間」とは、プロジェクトにおいてプロジェクトチームが設定する、サポーターからの支援を受け付ける期間をいいます。ただし、寄付金の合計額が目標金額に達した場合、プロジェクトチームと当社の協議により、当初の募集期間終了後に、目標金額を定めない追加の募集期間が設定されることがあり得るものとします。
  8. 「目標金額」とは、プロジェクトにおいてプロジェクトチームが設定する、プロジェクトのために必要とされる一定の金額をいいます。なお、当該金額はプロジェクトチームと当社の協議により予告なく変更されることがあり、実際にプロジェクト活動のために必要な金額とは必ずしも一致しないものとします。

2. 本サービスの概要

  1. プロジェクトチームは、募集期間、目標金額、ならびに寄付金に応じたギフトの対象となる商品またはサービスの具体的内容、提供数および提供時期を定め、プロジェクトページに明記します。
  2. サポーターは、募集期間内のプロジェクトのページにおいて、本サービスで定めた方法により、支援を行うことができます。一度支援を実行した後のキャンセル、返金要求、その他支払の撤回は一切受け付けることはできません。
  3. 当社は、サポーターによるサポートの状況、サポートを実行したサポーターの情報等をプロジェクトページに表示することができます。
  4. プロジェクトチームは、募集期間内に寄付金の合計額が目標額に到達したかどうかに関わらず、当該募集期間が満了した時点で、プロジェクト活動を開始するものとします。
  5. 当社は、「プロジェクト」方式の場合、募集期間が満了した時点で、サポーターによる寄付金の支払を決済します。なお、寄付金の支払の決済は、当社の指定するクレジットカード決済代行会社の名義により行われます。「継続支援」方式の場合は、毎月決められた日に、決済が行われます。
  6. 当社は、募集期間が満了し、サポーターによる寄付金の支払の決済を行った場合、当該決済実行日の翌日から10営業日以内に、決済が完了したサポーターの登録メールアドレス宛にメールを送付します。
  7. 当社は、「プロジェクト」方式の場合、募集期間内に支援額の合計額が目標額に到達したかどうかに関わらず、募集期間内に集まった支援額から5%のクレジットカード決済手数料と別途契約を結んだスカラシップヤード利用手数料を控除した残額を、募集期間終了日の属する月の翌々月20日までに、プロジェクトチームが所属する学校法人より指定された口座に振り込む方法により、学校法人に対して支払うものとします。支払いを受けた学校法人は、別途契約を結んだ奨学金としての手数料を控除した残額を、プロジェクトチームのプロジェクト活動資金とすることとします。「継続支援」方式の場合は、予め決められた募集期間終了の翌月末「プロジェクト明細」を発行し、プロジェクトオーナーにより当社所定の方法でご確認いただいた後に、期間終了の翌々月20日以降に、クレジットカード決済手数料とスカラシップヤード利用料金を支援金額から差し引くことにより、学校法人宛てにお支払いします。
  8. サポーターは、プロジェクトチームがギフトを設定していた場合は、適切な時期に、プロジェクトチームの提案した内容の商品またはサービスの提供を受けることができます。

3. 本サービスの利用の前提

  1. 本サービスを利用するためには、当社所定の手続に従って、会員登録を行っていただく必要があります。
  2. 会員登録にあたっては、当社の定める会員規約、本ガイドラインその他の諸規定に同意していただく必要があり、会員登録を行った場合には、これらの諸規定に同意したものとみなします。

4. 寄付の目的

利用者は、本サービスを通じて行うプロジェクトに対する寄付が、プロジェクトチーム又はプロジェクトの内容、結果その他に関わらない寄付であることを確認します。 利用者は、自己責任において自己の責任と判断により選択したプロジェクトに対し、本サービスを通じて寄付を行うものとし、本サービスを利用してなされた寄付行為およびその結果について当社は一切の責任を負いません。

5. 寄付の方法

利用者は、当社指定のクレジットカードによる支払い等当社が定める方法により学校法人に寄付をすることができます。利用者が学校法人に寄付をした場合、当社は、学校法人を代理して、プロジェクトの作成時に当社又は学校法人が設定した方法及び条件に基づき寄付金を受領し、決済手数料を除いた寄付金全額を学校法人に支払います。

6. 学校法人についての免責

当社は、寄付先として当社と別途契約を交わした学校法人のみ、本サービス上の学校法人としてご紹介していますが、当社は学校法人並びにプロジェクトの合法性、信頼性、安全性及び学校法人若しくはプロジェクトについての情報の正確性について保証するものではなく、当社はこれについての一切の責任を負わないものとします。当社は、学校法人及びプロジェクト活動の継続的な運営、活動を保証するものではなく、当社はこれについての一切の責任を負わないものとします。当社は、学校法人と利用者との間に万一紛争が生じた場合(サポーターと学校法人との間におけるギフトの受け渡しに関する紛争を含みます。)においても、何ら関知せず、責任を負わないものとします。当社は、利用者に対し、利用者の行った寄付が寄付金控除の対象になることを保証するものではありません。

7. 寄付の使途

利用者が行った寄付金の使途は、学校法人の自由裁量に委ねられるものであり寄付をした利用者の意思に拘束されないものとし、当社はこれについて一切の責任を負わないものとします。

8. 返還

  1. 当社ないし学校法人は、①学校法人の解散又は学校法人としての活動若しくはプロジェクトの停止等その他の事情変更②寄付の対象としたプロジェクト、プロジェクト内容、主体に関する誤信③プロジェクトオーナーやメンバーと、第三者との間での問題発生④本サービスの追加、変更、中断、終了その他いかなる理由があっても、一度利用者から本サービスを通じて寄付により受領した金銭については、返還することはできないものとします。
  2. 前項の定めに関わらず、学校法人が利用規約、若しくは学校法人等と当社間で交わした契約に違反した場合、または、その他学校法人に寄付金を支払うことが適切ではないと合理的に認められる場合には、学校法人と当社の代理関係は消滅し、一定の手数料を差し引いた形で当社が寄付者に寄付金を返還することがあります。
  3. 前項の場合には、当社は寄付者が寄付時に届け出た連絡先に連絡をするものとし、この連絡に対して寄付者から1ヶ月以内に返答がない場合、寄付者から寄付金を返還すべき利用可能な銀行口座等の届出がなく、当社による返還が困難な場合などは、当社は、寄付金の返還をしないものとします。この場合、当社は、当該寄付金を、指定した寄付先と同カテゴリー(当社がサイト上で表示します)の学校法人のうち、指定した寄付先を除いて寄付時の該当期間の寄付金合計額が最も多い学校法人へ寄付するものとします。ただし、同カテゴリーの学校法人が存在しない場合、寄付を拒否された場合等やむを得ない場合には、当社は、任意に学校法人を選択し、当該寄付金を寄付するものとします。
  4. 寄付金の返還要求その他、寄付者と学校法人との関係で生じた問題については、直接学校法人と利用者との間で解決するものとし、その場合には、当社は一切の責任を負わないものとします。
  5. 前項に関わらず、当社は、自己の判断により、寄付金に関して以下の行為を行うことがあります。
    • 寄付者に代わって学校法人に寄付金の返還請求をすること
    • 学校法人に対し寄付者の返還の意思表示を伝達すること

    • その他寄付金の返還に関して一定の関与をすること

9. 情報の開示

寄付者は、寄付者が当社または学校法人に開示した、個人情報を含む自己の情報につき、本サービス運営上の必要その他に応じて当社が学校法人に開示することについて同意するものとします。

10. 継続支援

  1. 寄付者は、プロジェクトに対する「毎月継続的に寄付」(以下、継続支援という)に申し込むことにより、申し込み後、翌月1日より継続して毎月1回寄付することに同意したものとみなします。
  2. 継続支援に申し込んだ寄付者は、解約の申し出がない限り、毎月1日に初回申込金額が継続して課金されることに同意するものとします。
  3. 毎月1日の継続支援が決済できない場合、翌月以降にあわせて決済するものとし、3か月以上継続して決済ができない状態が続く場合は、自動解約とします。
  4. 継続支援は、プロジェクトが終了した場合、または、学校法人と当社の契約が解約された場合、自動解約となります。

11. 注意事項

  1. サポーターは、寄付金の支払をした後は、キャンセル、返金要求、その他支払の撤回は一切行うことはできません。
  2. サポーターは、プロジェクトチームに対し、あらかじめ約定されたギフト(プロジェクトチームがこれを設定した場合に限る)を超えて、サポートのギフトを要求してはならないものとします。
  3. 当社は、プロジェクトの進行、継続および成功可能性、ならびにギフトとなる物品またはサービスの質、安全性、均一性等を一切保証するものではありません。当社は、プロジェクト活動の開始前後にかかわらず、何らかの理由でプロジェクトの進行、継続または成功が不可能となった場合であっても、支援金(寄付金)を返金することはいたしません。本サービスの運営以外のプロジェクトに関するすべてのクレームは、プロジェクトチーム及びプロジェクトチームが所属する学校法人が責任をもって解決し、当社は一切関知しないものとします。
  4. サポーターは、プロジェクトチームとの間で、ギフト及び決済完了を通知するメールに記載された内容の受渡し等に関するトラブルが生じた場合、自らの費用と責任において、プロジェクトチームとの間で当該トラブルを解決するものとし、当社はこれに関知いたしません。
  5. 当社は、サポーターの責に帰する事由または不可抗力に起因して、決済、ギフトの支払その他が遅延し、これによりサポーターに損害が生じた場合でも、一切責任を負いません。
  6. 当社は、本サービスの提供のために必要がある場合には、プライバシーポリシーに従って、サポーターの個人情報を利用することがあります。

12. 著作権

  1. サポーターは、コメント投稿のほか、当社、プロジェクトチームおよび第三者の権利を侵害しない範囲で、本サービスに関するURL、ロゴ等をインターネット上で発信することができるものとします。ただし、かかる発信行為により、紛争またはクレームが生じた場合、サポーターは自らの費用と責任において当該紛争またはクレームを解決するものとし、当社はこれに関知いたしません。
  2. サポーターは、インターネット以外の紙面媒体において本サービスに関するURL、ロゴ等を使用する場合、事前に当社の許可を求めるものとします。
  3. プロジェクトチームのプロジェクトに関する一切の権利は、本サービスの著作権を有する当社に帰属します。ただし、プロジェクトに関して著作権法に基づきプロジェクトチームに権利が専属する場合、当該権利についてはこの限りではありません。

13. 通知

当社が、プロジェクトチーム及びプロジェクトチームが所属する学校法人に本規約に基づき通知を行うときは、当社に予め申告されたメールアドレス宛に行うものとし、その送信は、到達したものを通知とみなします。

14. 本サービスの変更、停止または廃止

当社は、サポーターに何ら事前に告知することなく、いつでも本サービスの内容を変更、停止または廃止することができるものとします。
当社は、かかる変更、停止または廃止によりサポーターまたは第三者に損害が生じた場合でも、一切責任を負わないものとします。

15. 準拠法および管轄

  1. 本ガイドラインの準拠法は日本法とします。
  2. 本ガイドラインに関して紛争が生じた場合、横浜地方裁判所または横浜簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

16. 本ガイドラインの変更

当社は、本ガイドラインをサポーターの事前の承諾通知なく、変更することができるものとします。当該変更の後、本サービスを利用したサポーターは、かかる変更に同意したものとします。

平成29年4月1日 制定

FULL STEAM AHEAD!

お問い合わせ